星のや竹富島の口コミブログ

星のや竹富島に泊まってきました!

テレビや雑誌で評判の星のや竹富島、昨年はついに!念願の星のや竹富島に滞在してきました。
星のや竹富島での過ごし方や食事についても口コミレビューしていきますので、これから予約という方の参考にしていただけたらと思います。

私が心を奪われて、とろけてしまった星のや 竹富島、今まで色んなリゾートホテルに宿泊してきましたが、"過去最高のホテル"は間違いなく星のやです。
破格とも言える宿泊料金に戸惑ってしまうけれど、迷っているなら是非泊まってみてほしい、そんな星のやでの体験をご紹介してみたいと思います。


星のや竹富島へのアクセス

星のや竹富島へのアクセスでは、とにかくまずは石垣島を目指しましょう!!(竹富島には空港がありません)
東京の方も関西の方も、石垣島を経由して竹富島へ向かいます。@→Aの順で


@新石垣空港→石垣港離島ターミナル
バス 40分ぐらい 520円
タクシー 最短45分 3000円ほど


A石垣港離島ターミナル→竹富港
高速船 15分ぐらい
※高速船が竹富島と、石垣島をつなぐ唯一の方法!(7:30〜18:00頃までの運行なので要注意)?

《高速船》
●安栄観光 一日18便 運行
片道 600円(こども 310円 身障者 310円)
往復 1150円(こども 590円)

●八重山観光フェリー 一日21便 運行
片道:600円(こども 310円)
往復:1,150円(こども 590円)
所要時間:所要時間:約10分〜15分

竹富島に行くにはこのアクセス方法しかありません。




さあ、竹富島に到着!


ここまできたら星のやのお迎えを待つだけ☆

※送迎あり
14:15〜17:45(夏は18:15)までの毎時15分と45分に竹富港に来てくれるらしい。


星のや竹富島のお部屋


そして、いざ《星のや》へ

星のやといえば、一部屋づつがヴィラタイプになっていて、その地域の特性を全面的に、星野やの空間の中に溶け込ませているっていうのが売り。

一歩星のやに入れば、外に出なくても、竹富島を120%感じさせてくれる、そんな空間。


さぁ、星のや 竹富島へ着きました!


エントランスから「はぁ〜」と思わずため息が出てしまうほどの雰囲気。
写真がないのは、素敵過ぎて、興奮し過ぎて、写真を撮ることを忘れてたから…

そこから、案内の人がバギーに乗せてくれ、施設案内。

そして、いざ、お部屋へ

うん、ヴィラとは聞いていたけど、一部屋一部屋玄関まであるー


つきました〜!私達のお部屋、いや、私達の2日間のお家。

あー、ダメだわ。もーノックダウン!
この空間、好き!!!

ゆっくりお茶飲んで、まずは旅の疲れを癒します。
ほっこりするなぁー。




星のや竹富島の過ごし方


星のや竹富島が素敵だったのは、竹富島の集落をイメージしてホテル施設が造られているからです。
だからまず星のや竹富島でやってほしいことは、、、とにかくぶらぶらしてみますか!!


歩いていると本当に竹富島の集落にいるみたいです。
何軒あるんだろ??あっー48軒ですって!



え!!あの丘何?
なんかあるよ!!のぼってみよー



あっ、星のや竹富島ってこーなってるんだぁー


アイヤル浜


こんなに近くに海がある!あっ、これがアイヤル浜ね
海までの時間、徒歩5分 と、いうか、庭を出たら海!


素敵なロケーションに満足、満足。
ねー、ねー!せっかくだから、もっと星野やの探索しようよぉー
エントランスの近くに確か、なんかあったよね?


ゆんたくラウンジ


ゆんたくとはー?!「おしゃべり」っていう意味なんだって。


へぇ!飲み物も、お茶も、コーヒーもお菓子も置いてあるー。全部タダなんだよね?
アフタヌーン・ティーとかもやってるって言ってたなぁ〜


プール


あっ、気になってたプールいこー
やばい、、、、


私、ここ好きかも。
なんだろ、癒されるー。
水の周り、癒されるー。



プールの中にお椅子なんて、置いてくださるの??



足が冷たくて、気持ちいーー
そして、プールサイドでゴロン

ずっーと時が流れるのをみてられるー。
日頃の疲れが抜けて行くのがわかるー。




西桟橋の夕日


あっ、ダメダメ!!!星のや竹富島があまりにも素晴らしいので、このままホテルの中で終わってしまうところでした。。。
私達には、西桟橋で夕日を見るという大きなミッションがあったんだった!

そうそう!これは、竹富島に泊まったものでしか味わえない喜び。船が終わってしまうから、夕方までいたら、竹富島に泊まるしかないですもんね!

あっ!忘れ物!
夜は暗いくて、見えなくなるから部屋についてる懐中電灯を持って行くように言われてた!そんなに暗くなるの? 確かに街灯がほぼないー

西桟橋までは、星のやから、送迎タクシーに乗って連れて行ってもらうんだー。
やっぱりここも、素敵過ぎて、写真撮るの忘れちゃった!!

竹富島に来てから、あんまり人と会わなかったけど、この島、意外と観光客多かったのね?夜に一番人を見た気がするー
星のやの中にいると、本当にプライベート感が守られてるから、自分たちだけの竹富島ぐらいに思ってたけど、へぇー、こんなにひとがいたんだー


夜の竹富島


さぁ、1日目の夜は、あえて外で食べてみた。
かなり小さい島だから、本当に数件しかなかったけど、ちゃんとお店があって、お酒も飲める場所あったよ!
一通り、夜の竹富島。



私は、今、どの時代を生きているんだろー?
そう感じさせてくれる異空間。
でもね、なんだかホッとするんです。

タクシー呼んで、夜の星野やへ
待ってる間もね、まっーーーくらなんだ。
こんなに暗くて、星だけの世界見たことない
まだ、21時だよね?
部屋にとうちゃく


夜のお部屋


お風呂に入って、さぁ、縁側で、晩酌しましょう。
ねー、みて、こんなに星がたっくさん!!こんなに大きな星を見たことある??

ねー、電気消してみよーよー☆
やばい!プラネタリウムなみだー
あまりの気持ちよさに、窓全部、開けて寝てしっまったよ。


自転車で探検


次の日
今日はどうする?
朝のうちに動いて、あとは星のやを満喫しようーってことになり、
自転車で、散策。

星のやでは無料で自転車を貸し出しています。
昭和な雰囲気のママチャリから、ちょっとおしゃれなビーチクルーザーまでバリエーションも豊富。

わたしたちはビーチクルーザーを借りてみましたが、この自転車はブレーキの代わりにペダルを逆に回すんですが、、、む、難しい。。。
普通のママチャリの素晴らしさを痛感しました。



自転車ってなん年ぶり?
高校生から乗ってないから…
有名な竹富島の街中をしっかりまわって、牛さんが、みんなを載せているのも横目でみながら、街を満喫


やばい、たのしー!
知らない間に、島を一周しちゃってない??

また、違う方の海に来ちゃった!
カイジ浜っていうんだって



すごいね!
一日、いや、半日で島全部回れちゃうよー

あー、でも、また、《星のや竹富島》で、ゆっくりしたくなっちゃったー
お家にかえろー

やっぱりここが好き。
全部好き。
《星のや竹富島》のお部屋で食べてかえろー


星のや竹富島の食事


ルームサービスはインルームダイニングと呼ばれていて、わたしたちは2日目の昼食に頼みました。
注文したのは島豚のソーセージとシークワーサー風味の冷麺。
これがめっちゃくちゃ量が多いんです!量は多くて値段もそこそこ、ついでに味もそこそこでした(^。^)


おいしー
たっくさん笑
ちょっと頼み過ぎちゃったかな?
ここは注意!結構、一つ一つ、量があるよ!

おなかいっばい!
こんなところで、猫と一緒に生活したいなぁ。
ほっこりしたなぁー。
忙しい毎日の中で、こんなに心の垢を落とせる場所は他にあるんでしょうか?

星のや竹富島、わたしたちは本当に泊まってよかったと思います。
確かに高いけれど、たまにじゃらんで40%OFFになってるので狙い目ですよー

じゃらん公式サイトはこちら